最後まで笑ってしまう!かわいい動物たちが主役の笑える動物の映画5選

0
33
最後まで笑って楽しめる、笑える動物が主役の映画ばかりを集めました。
ギャグ満載、笑って泣いてひとしきり盛り上がりますよ。
大人も子供も一緒に楽しめる作品もあり、家族みんなで大爆笑してみてはいかがでしょうか?

動物の言葉が分かる医者ジョンとユニークな動物たちが繰り広げるコメディ映画です。
病院から帰る途中、ジョンは車で野良犬をひいてしまいました。しかしひき殺してしまったと思った犬が突然「気をつけろ! マヌケ野郎!」と怒鳴りつけたことからジョンの身辺に大きな変化が起こりました。
100種類以上の動物たちが喋る名演技と、そんなゆかいな動物たちと見事な掛け合いをするエディ・マーフィの妙演が見どころです。
子どもと一緒に見るものお勧めです!動物たちの心の声が笑えます。

毒舌が特徴的な命が宿ったテディベア・テッド、大人になりきれない中年男ジョンが数々の騒動を巻き起こすコメディ作品です。
キュートな見た目だけど、中身はおっさんのテディベアが大暴れし、最初から最後までばかばかしい笑いであふれているのに、なぜか感動してしまう映画です。
日本語吹き替え版は、キャラクターが似ているという理由から、テッドの声は有吉弘行さんが担当され、奇跡のコラボレーションが実現しています。
かわいらしいテディベアが毒舌を吐くおっさんというギャップなど、様々なパロディを楽しめる映画です。

飼い主が不在の間のペット達の秘密の生活や、迷子になり都会を彷徨う2匹の犬の大冒険をユーモアたっぷりの動物映画です。
それぞれの動物達のキャラクターが魅力的です。
また、映像のクオリティーや、BGMも十分に楽しめます。動物の動きや背景もリアルに再現されていて、ペットを飼っている人には、細かいところなどで共感し、最後まで笑いっぱなしのストーリーになっています。
家族と一緒に笑いたい人、一人でも笑いたい人、ペットと暮らしている人にぴったりな映画です。
動物達と笑いながら大冒険を楽しんでみませんか!

NYからマダガスカル島に漂着してしまった4頭が、慣れない大自然の中で繰り広げる冒険と友情を描く笑える動物の作品です。
都会の動物園で飼育されていた動物が、自然に帰るとどうなるのかというテーマで話が進みますが、餌をもらって食べていたライオンがだんだんと自然に獲物を取りたくなる気持ちになっていくところや、その気持ちをどうやって抑えていくかなど見所もあります。
共に困難を乗り越えて冒険してくれる友だちがいるって素敵と感じさせてくれる作品です。

いたずらネズミの大活躍を描いた笑える動物のコメディ映画です。
ねずみと人間の攻防が面白い作品で、ダメな兄アーニーとまじめな弟ラーズのやり取りや、頭脳明晰なねずみとのドタバタ劇はテンポも良くて最後まで飽きずに見られます。
普通に考えると、人間がねずみに負けるはずがないのですが、完敗するのです。ねずみ退治の手段を考える兄弟も面白い。
最後まで笑いが止まらない仕掛けで、見る人を飽きさせません。
ドタバタばかりの内容かと思えば、最後はまさかの感動が待っています。