海外ドラマ「24 TWENTY FOUR シーズン2」のネタバレ・あらすじ

0
549

24 TWENTY FOUR シーズン2のジャケット写真

大ヒット海外ドラマ「24 TWENTY FOUR」のシーズン2。シーズン1で起こった悲劇から主人公ジャックは自暴自棄になっていました。そんなジャックのもとに大統領から国の平和を揺るがしかねないテロリストの暗躍を阻止して欲しいとの依頼が舞い込みます。再びジャックは立ち上がるのか?!気になるネタバレを一挙大公開!

ここからネタバレ!閲覧にはご注意ください!

アメリカが核爆弾の脅威にさらされる

妻の死を受け入れられないジャックは、CTUを辞めて自暴自棄なっていました。そこにパーマー大統領から連絡があり、アメリカがテロリストによる核の脅威にさらされているので、助けて欲しいと説得させられます。初めは断るジャックだが、パーマー大統領からの説得に応じます。娘のキムとの関係もテリーの死によって悪くなっている中、アメリカをテロリストから救うためにCTUに復帰を決意。テロリストの手がかりとしてかつてジャックが潜入していたアジトが浮上し、ふたたび潜入を試みます。久しぶりに復職したジャックだが、潜入してからいきなりの仕事がCTU爆破。何とかCTUに連絡しようとしても繋がらず、成す術なくCTUを爆破しに行くしかないジャック。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=pu0Tv3CQLOQ

いきなり爆発発生で甚大な被害が出る

ジャックが潜入したアジトのテロリストは、見事CTUの爆破に成功して機能を半減させます。しかもそのテロリストに計画を持ち掛けたのが、かつての同僚で恋人だったニーナでした。アジトに踏み込んだCTU支部長のメイソンは核によって被ばくするなど、徐々に核の脅威が現実味を帯びてきます。ジャックは核の爆発を阻止するためにニーナに尋問するが、トラブルによりニーナによって命を狙われるハメになります。ニーナに妻を殺された事による怒りを抑えながらも、核爆発の阻止に全力を注ぐジャック。何とかテロリストを追い詰めて核爆弾の場所を割り出すが、そこには複数の死体が転がっているだけで核爆弾の姿は無し。別のテロリストによって核が持ち去られていました。

解除不能な核爆弾

核爆弾が別のテロリストによって奪われてしまったことで、手掛かりがない状態になります。そこから何とか核爆弾を乗せた飛行機を発見するが、偽物の爆弾であったためパイロットを尋問。一緒にいたテロリストの家族であるケイトの行動により、核爆弾を発見することに成功。しかし起爆を防ぐことができないと知ったジャックは、核爆弾が爆発しても被害が最小限になるよう、自らの命をかけて核爆弾を砂漠地帯に運ぼうとします。ジャックは命と引き換えにアメリカを救おうとしますが、その飛行機に被ばくをしたメイソンが乗っていて、ジャックの代わりに自らが犠牲となることを提案。被ばくをして助からないと分っていたメイソンは、アメリカとジャックを救うために自らが犠牲となり、核爆弾を砂漠地帯に運ぶことに成功する。

音声データをめぐる攻防

核爆弾での被害は最小限に抑えられたが、アメリカ国内で核爆弾が爆発したことの責任を誰かが追わなければなりません。そこで浮上したのが中東の国の存在で、今回の核爆弾のテロリストを支援していた情報を掴みます。報復攻撃を迫られる中で中東がテロリストを支援していた証拠は、ジャックの情報ではねつ造だという疑念が浮かび上がってきます。パーマーはジャックを信じてねつ造の証拠を探すよう命令を出し、ジャックも無用な報復攻撃をさせないように全力でねつ造疑惑を追及します。最終的にはパーマーの元妻であるシェリーと共にねつ造である音声データを入手するため、テロリストの元へと向かいます。見事ねつ造疑惑を証明し、無用な報復攻撃を阻止することに成功します。

作品情報

24 TWENTY FOUR シーズン2のジャケット写真

レンタル開始日
2004/03/19
脚本
ジョエル・サーナウ ロバート・コクラン
キャスト
キーファー・サザーランド(ジャック・バウアー) エリシャ・カスバート(キンバリー・バウアー[キム])
上映時間
90分

24 TWENTY FOUR シーズン2のユーザ評価
 評価数:1737件 
 評価:★★★★☆(4.1/5) 

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 尊敬する人はジャック・バウアーと言っているくらい24が大好きで、最高に面白いと思っています。ただ、観ていて心臓に悪いです・・・そして疲れます・・・。過酷な状況下で究極の選択、決断を強いられるジャックを観てると辛くなってきます。だからこそ面白いわけですけど。
  • 死と背中合わせのCUTのメンバー。メイソンが良い人に見えてきた。そしてトニーのおでこにのシワには彼の苦悩が刻ま込まれている。ジャックの娘のキムがきれいになってきた。蹴りがなかなか良い。ジャックの後を継いで、将来は是非CTUへ。
  • あいかわらず盛り上げるのがウマイ! 前のシリーズも、ヒゲづらメイソン は気に入らなかったが、これからどうなるのやら。あと、ポーラがかわいそう。トニーは相変わらずカッコよし。ニーナがいなくても頑張って!キムもイイけど、ケイトもイイなあ。なんとなく、ダイアン・レインを 思い出します。

目的のためなら手段を選ばない「96時間」もオススメ!

似たような作品を見たなら「96時間」がおすすめです。24のジャックと同じように目的のためなら手段を選ばず、トップクラスの戦闘力を持ったおやじのブライアン。元CIAとして格闘から狙撃まで何でもこなせるスペシャリスト。娘の名前はジャックの娘と同じキム。引退してからも力は衰えていないが、娘のキムがさらわれたことによって命を懸けて取り戻しに行きます。手掛かりからキムがさらわれたのは人身売買に関わる組織で、96時間以内に見つけないと永遠に見つけ出せないと宣告される。そこから96時間以内に娘のキムを奪還するため、おやじが命を懸けて娘を助けに一人で立ち向かいます。掴まっても見事に脱出したり相手を躊躇なく殺すことができるので、まさに娘を取り戻すためには手段を選ばないおやじの姿にスカッとします。

オススメ作品情報

96時間のジャケット写真

レンタル開始日
2010/08/01
監督
ピエール・モレル
キャスト
リーアム・ニーソン(ブライアン) ファムケ・ヤンセン(レノーア)
上映時間
94分

96時間のユーザ評価
 評価数:4026件 
 評価:★★★★☆(4.0/5) 

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 何度観ても面白い。スピーディーな展開にキレのあるアクション、そして物語が湿ったような展開ではなく乾いた展開も徹底的にエンターテイメントに徹していたのも高評価出来る。あと、時間もちょうどいい。 アクションではないニーソンがえんじていたからこそ、面白かったと言えるのではないか。
  • 子供が成長するためには、少しづつ経験させ、自立させていく事が必要だが、経験の程度を判断するのは難しい。 パパは、仕事に打ち込むほど家庭からは乖離する・・・男の悲哀を感じる作品です。 続編も観たい。
  • 娘をもつ父親なら必ず共感してしまうでしょう。親の心子知らずってかんじがなんとも切ない!でも、いざとなったら娘の為に闘うスーパーパパになれるなんて憧れてしまう!元秘密工作員だけあって犯人の追い込みかたがハンパね~っ!! 非常にかっこいいリーアム・ニーソン!!

参考URL
・youtube.com